神無き世界のカミサマ活動の第四十四説の感想を語る!

スポンサーリンク
神無き世界のカミサマ活動

神無き世界のカミサマ活動第四十四説が公開されました!感想を語っていこうと思います!

スポンサーリンク

感想

まずは指示を出すユキトと指示を受けるベルトランのやり取り。
相変わらずベルトランちゃんチョロかわいい(笑)とてもTS前のCV諏訪部順一とは思えん。
皇都崩壊後、剣の力が失われたとのことだが、逆にユードラは力を使えていることを考慮すると、神の力が剣に補充されていないから使えないということかな。
ここはユピテルが復活して協力関係になれば、使えるようになるかも(カイやシアンが外獣を操ったり、弦でスムたんを縛れたのも多分神の力を与えたからだろう)
逆にユードラは皇都を離れたら力を使えなくなるのでは?まあアータルかヘパイストスとの相性が合えば大丈夫かもだが。

「ミタマやアータルでは強すぎる」というのはどういうことだろう。ロキを刺激しすぎるということかな?分からん。

で、先に話題に出した新キャラ、ユードラちゃん。これはベルトランの相棒という認識で良いのかな?皇都崩壊後になぜ接点がなかったのか少し疑問だが。
ユードラ自身は、すでにミタマ→ユキト、アータル→ティシュトリヤ、ダキニ→リシュと既に相方が居ることを考えると、ベルトランの相方として中々良い素材。バトル漫画ならこういう相方の存在が感動的なドラマを作る。
作中の立ち位置的には、ベルトランと同じ指導者のおもちゃ的存在。ただ一点違うのは、指導者への心酔具合ですね。これがベルトランの目を醒ますきっかけになるのか、あるいは取り込まれてユキトの邪悪さを見せつけるのか・・・

ロキはどうやらユードラを使って昔を懐かしんでいる模様。兵力は(読者目線でどう攻略するか分からん位)ロキ優位だが、精神的にはユキト側に活路がありそう。そのうちロキ自身が皇都崩壊前と同様にカクリに出入りするようになるかも。
それにこの調子だと状況次第ではロキとユキトが協力関係になる可能性があるね。なにしろカミカツの世界観が「皇都とその周りにカクリが点在する」だけで終わるとも限らんからね。(それでロキがツンデレし始めたら笑う)

作画は相変わらず巧い。特にユードラの服が開けたとき、手の影が胸元に出来てる所はこだわりを感じる。
体の立体感といい、各コマのアングルといい、手が込んでいる。他誌と比較しても明らかに巧い。筋肉と骨格を愛する人ほど絵が上手い印象があるが、相関関係とかあるのかな。
ケチつけるとしたら炎を出す瞬間のユードラの剣振り下ろしとベルトランのクネクネをもっとはっきり見たかった。

まとめ

とりあえず最後にあれだ。ユードラ登場のおかげでベルトランに男装プレイをさせられるようになったぜ!やったぜ!

コメント

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。