神無き世界のカミサマ活動 ユキト達の住む皇国とは?考察していく!

スポンサーリンク
神無き世界のカミサマ活動

カミカツってエロとギャグがてんこ盛りなので、世界観設定もテキトーかと言えばそうでもない。今回はユキト達の住む皇国の疑問点を洗い出す。

スポンサーリンク

概要

まず、そもそもとしてユキトが産霊の儀で飛ばされた世界は何万年も未来の世界である。

作中描写によれば、人類は外獣やアルコーンといった生体兵器を生み出せるほどに発展したが、ユキトが生まれた数百年後に世界を二分する戦争によって滅んだとされている。文明が滅んだあと、ちょっとは頭の良かった集団が二度と滅びないような国として、皇国を作り上げた。

皇国を新しく作るに当たり、まず神々への信仰を真っ先に消した。また人間ではなく。機械、つまりAIに支配させた。

そして人々のあらゆる欲求や娯楽を消し、AIによって皇国の経済、食料、人口の増減、自然現象など、あらゆるものの仕組みを解析・統制し、皇国を一定不変に保ち続けてきた。民に自○を強制する終生制度も、人間の間人工生殖も人口を一定に保つためとされる。

国が最低限持つべき武力については、通常の兵器の他、アルコーンと呼ばれる神の力を操る人間に任せた。アルコーンは種々の任務をこなす一方、絶対に反逆させないため、皇宮周辺では神の力が使えないようになっていた。
(ただしミタマだけは神の力封じを看破した)

疑問点

なぜ神々への信仰が真っ先に消されたのか?

まず一つ目の疑問が、新しい国の有り方として神々への信仰が消された点である。世界は二分され終末戦争によって滅びたとされるが、ここに神々への信仰、引いては宗教が関わっているのではないだろうか。

過去の歴史を見ても宗教戦争は数多く起こっており、それによって世界が滅んでもおかしくはない。

AIが高度に発展しても、人類が滅びずに生かされ続けている。

2つ目の疑問がAIによって支配された世界でも人類が滅んでいない点だ。AIが発達すれば、仮に人類が滅んだとしても文明を維持することは可能なはずである。
(現代私たちが生きる世界でもAIと人類の共存について、議論されることが多々ある)

現代から何万年も経ったカミカツ世界では「なぜ人類が生き続けているのか」を考察する必要がある。

もっと言えば皇国の管理システムにそぐわないカクリの人間は真っ先に処分されるのが自然だ。カクリの人間は、その異常性に個体差があるとはいえ、皇国のシステムを崩壊させる危険性があり、生かしておく理由はないはずである。

個人的な予想になるが、人類が生かされている理由は「神の力、信者システムがあるから」と考えている。

神の力を享受し行使できるのが人間だけで、かつ程度によっては科学兵器を上回る力を持てるとなれば、人類にも存在価値があると言える。作中明かされている中でも、ロキの幻視能力やダキニの愛に関する欲求を操る能力は、科学がどんなに発達しても困難なものだろう。

カクリの人間が生かされているのも、皇都民より信仰が強い傾向にあり、それが戦力になり得るからだと考えられる。

アルコーンはなぜ処分されず長い眠りにつかされた?

3つ目の疑問がアルコーンが終末戦争の後も処分されずに残された点である。神々への信仰を消したのであれば、それを原動力とするアルコーンも処分されて然るべきである。

なぜ処分されず生かされたのか?これは1つ目の疑問とも通ずる話だが、やはり兵器としての価値が高いということではないだろうか?

スポンサーリンク

人間が生きている国はユキトが住む皇国だけなのか?

次に、皇国が果たして一つだけなのかという疑問だ。

皇都の人口はシルリル曰く、約120万人とのこと。人口120万人といえば広島市程度の規模しかない。

皇都の建物から考えても皇都の面積は広島市と大きく変わらないだろう。となれば、周辺にカクリ村があることを考えても、皇国の領土は関東平野にすっぽり収まる程度と考えられる。

もし皇国の領土が関東平野より少し小さい程度だとすると、個人的にはユキトの住む皇国以外にも同じシステムを持つ皇国が存在するのではないかと考える。カミカツ世界の舞台が未来の地球であれば、同じシステムを持つ皇国が複数あってもおかしくない。

皇国のシステムは、文明が滅んでしまった反省を踏まえて構築された緻密なものだが、同時にミタマのような神の力を操る人間に看破されてしまうシステムである。当然システムを破壊されてしまった場合の対処法も備えているはず。

破壊されたシステムを再構築するため、ユキトの住む皇国を粛正しようとする勢力が皇国外から現れる可能性がある。

ちなみに原作最新話の44話では、ロキがユキトのいるカクリで生活をしていた頃を思い出しており、思いの外早くロキが攻略されるのではないかといった様相である。メタ的目線で見れば、ロキ攻略によってより世界観が広がり、さらに強大な強敵が出てくることになるので、話が盛り上がると考えられる。

皇国は地球のどこにあるのか?

これについては、作中で言及されていない。ミタマが日本の神様をモチーフにしており、カミカツが日本の作品であることを考えると、日本のどこかにあると考えられる。
(ただし現代より数万年経過していることを考えると地形もかなり変わっているだろう)

皇国の文明レベルが著しく低い

もう一つ気になる点は、皇国の表面上の文明レベルがユキトの生まれた現代よりも低い点である。

確かに皇国を一定不変に保つために、民衆の生活水準は低い方が良い。しかし、人口を一定に保つのと同様に、食料も安定的に供給する必要がある。

そのためには、カクリの人間に食料を生産させるより、機械に自動生産させた方が不安要素は少ない。もちろん皇都民が機械のような性格をしているので、皇都に近いカクリの人間が食料を生産していてもおかしくないのだが・・・

というよりユキトは皇都の機械をミタマに破壊させた後、畜産や畑作を自動生産するプラントをミタマに復活させていると思ってた。その方が畜産のノウハウなどの問題を気にする必要がないからね。

まとめ

皇国の秘密・バックボーンは、作中において重要な要素であり、作品の根幹なので、そのうち明かされるだろう。果たして私の予想はどれだけ合っているだろうか。

コメント

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。