樽見鉄道の立体交差化事業の現地取材!2020年6月27日時点!

スポンサーリンク
樽見鉄道

樽見鉄道樽見線は、JR東海道本線の岐阜県内の主要駅の一つである大垣駅から、樽見鉄道本社がある本巣駅を経て、樽見駅に至る路線です。

現在この路線の美江寺~北方真桑間にある県道53号線(岐阜関ヶ原線)との交差地点で立体交差化のための工事が進んでいます。

今回はこの樽見鉄道の高架化工事の2020年6月27日の様子を実際に見てきたので、報告いたします。

スポンサーリンク

樽見鉄道立体交差化事業の概要

事業の概要については、以下の記事に記載しておりますので、クリックしてご覧ください。

樽見鉄道と岐阜関ケ原線の立体交差事業!事業概要まとめ!
樽見鉄道樽見線は、大垣駅から本巣駅を経て樽見駅に至る路線です。現在この路線の美江寺~北方真桑間にある県道53号線(岐阜関ヶ原線)との交差地点で立体交差化工事が進んでいます。本記事ではその樽見鉄道の事業概要についてまとめます。

現地の状況

宗慶踏切

宗慶踏切は今回の事業の範囲に入っていませんが、事業区間のすぐ北側にあるので、この踏切から高架橋の本巣方のアプローチ部を正面から見ることが出来ます。

工事が進み、列車が走る光景がイメージできるようになりました。

本巣・樽見方の高架橋アプローチ部

本巣方のアプローチ部はまだまだ構築中です。

本巣側のアプローチ部の構築中の様子です。構築のための型ができています。

こちらは西側の様子です。

本巣方のアプローチを前面展望から見た様子です。砂を盛っています。

スポンサーリンク

平塚踏切

平塚踏切は本事業の本丸である白山踏切の1つ北にある踏切で、本事業の除却対象になっています。

平塚踏切を車内から見た様子です。

平塚踏切から見た仮線の様子です。バラストが非常にきれいです。

平塚踏切から南側を見た様子です。

高架橋の西側は工事のヤードになっています。

なおこの踏切は7月6日から通行止めになるようです。

踏切の周辺にも通行止めの看板が設置されていました。

白山踏切

この白山踏切の除却が本事業の最大目的です。幾度か道路側が切り替えを行った影響もありますが、かなりの幅の道路を大跨ぎしているのが分かります。

県道53号に跨る大きなコンクリート橋です。現地で生で見るととても大きくて壮観でした。

白山踏切前後の歩道は通行止めになっています。

踏切の西側の道路の状況です。ご覧の通り、踏切の前後は車線数が2車線→1車線になっています。

踏切の東側で、車線数が2車線→1車線になるところです。

美江寺・大垣方の高架橋アプローチ部

美江寺方のアプローチ部です。

美江寺方のアプローチ部を横から観察してみます。土台部分はほぼ完成しています。

アプローチ部から高架橋までバッチリつながています。

十四条踏切

十四条踏切は事業区間に含まれていますが、踏切の除却対象ではありません。

列車内から見た十四条踏切の様子です。仮線整備に伴い、線路が切り替えられていることが分かります。

十四条踏切から見た仮線の様子です。

十四条踏切から見た高架橋を正面に見た様子です。列車を走るイメージが出来ます。

まとめ

樽見鉄道の工事はかなり進んでいました。高架橋を列車が通行する様子がイメージできるレベルです。

完成が非常に楽しみです。工事関係者の皆様には、工事完了まで安全に確実に工事が進むよう心より願っております。

樽見鉄道高架化工事(2020/6/27)の動画版(youtube)

実際に現地に行ってカメラに収めてきました。事業区間を北側から観察していきます。

樽見鉄道高架化工事の状況を現地取材【取材動画】20200627

その他の取材日

樽見鉄道の高架橋供用開始!2020年12月05-06日に現地取材
樽見鉄道樽見線は、JR東海道本線の岐阜県内の主要駅の一つである大垣駅から、樽見鉄道本社がある本巣駅を経て、樽見駅に至る路線です。今回は樽見鉄道で行われている高架化工事が2020年12月6日に仮線から高架橋に切り替わったので、その様子を報告します。

参考文献

国土交通省国土地理院
https://www.gsi.go.jp/top.html

第三セクター鉄道関連のその他の記事

本記事以外にも第三セクター鉄道関連の記事を掲載しています。是非ご覧ください!!

ダイヤ考察

記事はまだありません。

工事取材

第三セクター(工事取材)
第三セクターの鉄道線の工事の状況を現地取材した記事のまとめです。

コメント

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。