電車でGO!山陽新幹線編ダイジェスト700系ひかりレールスター攻略法

スポンサーリンク
ダイジェスト

電車でGO!山陽新幹線編のダイジェスト・700系ひかりレールスターの攻略法です。

電車でGO!山陽新幹線編では700系はレールスター編成(E編成)のみ登場します。(Wii版のEXではB編成16両編成も登場します。)

700系は、0系や100系に比べると運転しやすいですが、300系、500系に比べると運転しにくい列車だと思います。

その理由として、まず加速能力が300系や500系よりも悪いこと。通常よりも1段上のマスコンレベルを投入する必要も出てきます。登坂能力に関しても、勾配に多々負けてしまうので、先を読んで加速する必要があります。

またブレーキについてもB1~B3のブレーキの利きが全形式の中で最も悪いため、停車時はオーバーランしないように注意が必要です。場合によっては、B4を入れることも視野に入れて停車操作をしましょう。

さらにレールスター編成は8両編成です。短編成のため、B標のある駅では必ずATC30がかかる前にブレーキを掛ける必要があります

今回のダイヤはダイジェスト版では最も長く、新大阪から広島まで運転します。停車回数も新神戸、姫路、岡山、福山、広島と5回あります。

ダイヤの難易度も完璧な運転を目指すと難しいです。特に姫路までにクセがあり、ここをクリアできるかが勝負と言えるでしょう。

姫路から先は特に難しい運転操作はありません。残り岡山、福山、広島と3回停車操作があるので、どれだけルーティン化できるかが問われます

今回はそんな700系ひかりレールスターのダイジェストの攻略をしていきます。

スポンサーリンク

攻略記事リンク

ダイジェスト全一覧

ダイジェスト(電車でGO!山陽新幹線編)
電車でGO!山陽新幹線編「ダイジェスト」に収録されているダイヤの攻略記事のまとめです。

本作品に収録されているミッション全一覧

山陽新幹線
電車でGO!山陽新幹線編に関連する記事のまとめです。

電車でGO!全一覧

電車でGO!
こちらは電車でGO!に関連する記事のまとめです。

ミッション概要

運転形式 700系
出発駅 新大阪
到着駅 広島
運転区間数 5
時間帯 夕方
天気 晴れ
難易度(当サイト基準) 2

新大阪~新神戸

1.12:00:04になった瞬間にP2に投入。P4までゆっくりマスコンレベルを上げ、70km/hまで加速する。
2.ATCが120になったらP7120㎞/hまで加速。加速後定通ポイントをクリア。
3.ATCが170になったらP9165km/hまで加速。加速後速度を維持して定速ポイントをクリア。
4.ATC230現示後はP13で加速。250㎞/h前後で新神戸へ減速態勢に入る。
5.ATC230時はP9、170時はP7で速度を維持。ATC70はP0で惰性走行。
6.残り300mからB4を掛ける。ATCが30になるので、ブレーキ緩解時にATC確認
7.残り60~70mからブレーキ開始。必要であればB4も使って停車する。

発車してすぐの定通ポイントはなるべく高い速度で通過する。

新神戸までのダイヤが厳しいので、なるべく早い速度でクリアし時間を稼ぐ。

これから走行する新大阪~新神戸間はダイヤが厳しいです。しかしだからといって、停車操作でブレーキを詰めて時間を間に合わせるのはミスを誘発しやすく、オススメはできません。

残り100mからの停車操作に入る前から速い速度で走り、時間を稼ぐ必要があります。そのために新大阪を発車してまずやってくる定通ポイントをなるべく高い速度で通過します。

12:00:04になった瞬間にP2に投入し、P4で70km/hまで加速、ATCが120になったらP7120㎞/hまで加速しましょう。こうすることで、120㎞/hで定通ポイントをクリアできます。

ATC170現示時の加速はP9で。

700系は加速力が低く、P8で加速すると定速ポイントまでに165㎞/hに加速できないことがある。

ATCの現示が170に上がったらP9165㎞/hまで加速しましょう。ここでも通常よりも高いマスコンレベルを投入し、時間を稼ぎます。

また定通ポイント通過後、ATCが170に上がるまで惰性走行をし続けていた場合、ATCの現示が上がってからP8で加速しても、定速ポイントまでに指示速度まで加速が間に合いません。その意味でもP9で加速します。

ATCブレーキ緩解後は速度が低下しないようにマスコンを入れる。

ATCブレーキ緩解後速度を維持せず惰性走行をすると、思いの外時間を消費してしまう。

本ダイヤに限ったことではありませんが、ATCが275、230、170と順に減速する際、原則マスコンを入れて速度を維持するようにしましょう。

700系ひかりレールスターの場合、ATC275の時はP10、230ではP9、170ではP7,8で速度を維持します。

ATC70で再加速するかは、残り距離と時間を見て判断しましょう。ATC70で再加速するか否かで残り100m地点での残り時間が大きく変わります。

残り300m地点からB4で手動ブレーキを掛けよう。

停車における運転曲線を16両編成とそれ以外の両数で変わらないようにする。

残り1分の時点で残り距離が650~700mの場合、B標のボップアップが出たからといってすぐにブレーキを始めてしまうと、ダイヤに余裕が無くなってしまいます。

当方の攻略では残り300mからB4で手動ブレーキを掛けます。減速をしている最中にATC現示が30になるので、30㎞/hまで自動ブレーキで減速し、ブレーキ緩解時にATC確認を行います。

なおB標は大半の駅に存在しますが、このB標のボップアップが出るタイミングは駅によってまちまちです。したがってこのタイミングでブレーキを掛け始めてしまうのは判断基準がなく、あまり良い運転操作とは言えません。

編成が短くなった場合でも16両編成の時と変わらない運転曲線を描くため、原則残り300mから手動ブレーキを掛けましょう。これにより残り600mでの照査を16両より短い編成でも適用できるようになります。

残り600m、100m地点での照査を忘れずに。

残り300mでブレーキを始めたおかげで、残り100mで25秒停車に使う時間ができた。

レールスターのような編成の短い編成でも、残り600m。100mでの照査を必ず行いましょう

基準は「残り600mで60㎞/h・残り1分」「残り100mで25~30㎞/h・残り25秒」です。特に残り100mでの照査は全編成共通になりますので、減速の際はそれに向けて速度を調整してください。

停車操作は、他の編成と変わらず残り60~70mからB1~B3で行います。ただ700系は他の編成に比べてブレーキの効きが悪いので、必要であればB4も使って停車しましょう。

新神戸~姫路


1.12:08:02P2に投入。マスコンレベルをP13までゆっくり引き上げ、255km/hまで加速。
2.加速中に定速ポイントをクリア。255㎞/hまで速度が上がったらP9で速度を維持し、定通ポイントを通過。
3.定速ポイント通過後もP9で速度を維持し、残り1000mでP13で275㎞/hまで加速。西明石通過。
4.西明石~姫路は全区間ATCの上限いっぱいで走る。途中の定速ポイントでのみ速度を落としクリア。
5.ATC230現示につき減速。緩解後もATCの上限いっぱいに再加速し定通ポイントをクリア。
6.ATC170、70でもATCの上限いっぱいに再加速し速度を維持
7.ATC30による減速開始、ブレーキ緩解時にATC確認
9.残り100mで25~30㎞/h・残り25秒の照査。必要なら残り100mになる前にP3で30㎞/hに加速
10.残り60~70mでブレーキ開始。必要であればB4も使って停車する。

12:08:02で早めに出発しよう。

最初の定通ポイントを低い速度で通過するため、定刻より2秒半遅れて発車する。

次の新神戸~姫路間は、新神戸~西明石間の定通ポイントから西明石までがダイヤが緩く、西明石~姫路間は定通ポイントを含めて全区間ダイヤが厳しいです。そのため最初の定通ポイントは低い速度で通過し、西明石は可能な限り高い速度で通過したいです。

そこでP2に投入するタイミングを12:08:02とし、加速を255㎞/hまでで抑え、そのまま速度を維持して定通ポイントをクリアします。途中の定速ポイントは加速中にクリアします。

定通ポイントは遅く通過し、西明石を速く通過する。

西明石までの平均速度に対して低い速度で通過する。これで西明石を高い速度で通過できる。

先述の通り、最初の定通ポイントは255㎞/hで速度を抑えて通過します。そして次の西明石までの平均速度が262.3㎞/hなので、定通ポイント通過後にすぐ加速してしまうと西明石を0秒定通できません。

西明石を274㎞/hで通過できた。このまま自動ブレーキがかかるまで速度を維持し続ける。

そのままP9で低い速度を維持し、残り1000mぐらいからP13で275㎞/hまで加速して西明石を通過してください。次の西明石~姫路間はダイヤに余裕がありません。

駅停車の自動ブレーキまで可能な限り275km/hを維持する。

ダイヤは非常に厳しいが、ここだけは速度を落としてクリアしよう。

次の西明石~姫路間はダイヤに余裕がないので、ATCの上限ギリギリで走行しましょう

274㎞/hに速度が落ちたらすぐさまP10で275㎞/hに加速、275㎞/hになったらATCブレーキが掛からないようにP9にするということを繰り返します。

途中にある定速ポイントでのみ273㎞/hに速度を落としてクリアします。

その速度を落とすのも、残り距離ギリギリになってから速度を落としてください。273㎞/h以下の速度で走る距離が少しでも長いと定通ポイントを0秒定通できません

定通ポイント通過後もATCの上限いっぱいで走行しよう。

西明石から姫路まで徹底的に高い速度で走行してようやくこの定通Pを0秒定通できる。

残り約4200mからATCによる自動ブレーキが掛かります。ブレーキが緩解したらすぐにマスコンを入れ、230㎞/hに加速してください

こうやってATCの上限いっぱいの速度で走って定通ポイントをクリアします。

ATC30が掛かるのが残り300mよりかなり手前で行われるが、残り1分の段階でまだ残り620mある。

この定通ポイントのクリア後もダイヤが厳しいので、ATC170ではP7,8で、70ではP3,4で速度を維持しましょう。

姫路はATC30の減速が早めにやってくる。

画像の通り、残り390mの段階で自動ブレーキが掛かる。このせいでダイヤが厳しくなっている。

姫路ではB標がなく、駅のホームに入る前に自動ブレーキが掛かります。ブレーキ緩解後にもし時間に余裕がないと思ったら、P3で30㎞/hまで加速しましょう

残り100mまでであれば、再加速による減点はありません。

徹底的に高い速度を維持できれば、再加速する必要はない。

残り100mで残り25秒あれば、余裕をもって停車操作を行うことが出来ます。

27㎞/hであれば残り60~70mからブレーキ開始、30㎞/hであれば70~80mからブレーキを開始して停車しましょう。

姫路~岡山


1.12:17:04P2に投入。マスコンレベルをP4までゆっくり引き上げ、70km/hまで加速。
2.ATCが285になったら、P13270㎞/hまで加速。加速中に定速ポイントをクリア。
3.270㎞/hまで加速したらP8,9で速度を維持し、相生を通過。通過後は285㎞/hまでP13で加速。
4.ATC275により、一旦275㎞/hに減速。ATCが再び285になるので、285㎞/hまでP13で加速。
5.P10で速度を維持し、定速ポイントをクリア。
6.P10のままATCによる自動ブレーキ開始。275、230、170、70と順に減速。
7.残り300mからB4を掛ける。ATCが30になるので、ブレーキ緩解時にATC確認
8.残り100mで25~30㎞/h・残り25秒の照査。
9.残り60~70mでブレーキ開始。停車。

姫路から先は余裕がある。

ダイジェスト700系ひかりでは加速中にとれる定速ポイントが全部で4か所ある。

姫路から先はダイヤに余裕があります。途中で遅れても取り戻すのは難しくありません。

姫路では12:17:04P2に投入して発車してください。70㎞/hまで加速するとすぐにATCが285になるので、P13で270㎞/hまで加速します。

途中に定速ポイントがありますが、加速中に簡単にとれるので有難くいただきましょう。

相生通過は270㎞/hで通過しても問題ない。

相生通過後のダイヤに余裕があるので、相生を通過してから285㎞/hに加速しても問題ない。

次の岡山は、今までとは打って変わってダイヤに余裕があります。定速ポイント通過後は270㎞/h前後をP9,10で維持して相生を通過しましょう。

下に速度・距離・時間の関係を載せますので、参考にしてください。

表1.相生定通に向けた速度・距離・残り時間の関係

1分前 50秒前 40秒前 30秒前 20秒前 10秒前
261km/h 4350m 3625m 2900m 2175m 1450m 725m
270km/h 4500m 3750m 3000m 2250m 1500m 750m
279km/h 4650m 3875m 3100m 2325m 1550m 775m

相生通過後はP13285km/hに加速します。

スポンサーリンク

岡山停車時は残り300m地点でB4掛けよう。

B標が出てすぐには減速しないこと。残り300mからブレーキを掛ける。

編成が16両編成だった場合、ATC30による自動ブレーキは残り約300mから開始されます。編成が8両でATC30がかかるタイミングが16両編成の時より遅かったとしても、これが分かっていれば、残り300mからブレーキを掛ければ同じ運転曲線になります。

岡山停車時においても残り300mからB4で手動ブレーキを掛けます。これで停車操作に必要な時間を確保できます。

もちろん残り600m、100m地点で照査だ。

残り1分の時点で後680m。時間に余裕がないように見えるが、ブレーキを詰めれば問題ない。

「残り600mで60㎞/h・残り1分」「残り100mで25~30㎞/h・残り25秒」を基準に照査を行うのは、岡山でも変わりません。

岡山では残り1分時点での残り距離がかなりあるので、B標での手動ブレーキで調整しましょう。

どんな編成になったとしても、残り100mからの停車は共通だ。

残り100m地点で残り25秒あれば、後はいつも通り70mからブレーキを開始して停車しましょう。

岡山~福山


1.12:26:03P2に投入。マスコンレベルをP4までゆっくり引き上げ、70km/hまで加速。
2.ATCが120になったらP6120㎞/hまで加速。途中で定通ポイントをクリア。
3.ATC170ではP8で、230以降はP13280㎞/hまで加速。加速中に定速ポイントをクリア。
4.定速ポイントをクリア後はP10で速度を維持し、新倉敷通過。
5.P10,11で速度を維持し、定速ポイントをクリア。
6.P10のままATCによる自動ブレーキ開始。275、230、170、70と順に減速。
7.残り300mからB4を掛ける。ATCが30になるので、ブレーキ緩解時にATC確認
8.残り100mで25~30㎞/h・残り25秒の照査。
9.残り60~70mでブレーキ開始。停車。

12:26:03に発車して定通ポイントをクリアする。

定刻より3秒遅れて発車。これにより定通P、定速P、新倉敷を自然な運転曲線でクリアできる。

岡山は定刻より3秒遅い12:26:03P2に投入しましょう。マスコンレベルをP4までゆっくり引き上げ、70km/hまで加速します。

ATCが120になったらP6120㎞/hまで加速し、途中で定通ポイントをクリアします。ATCが170になったらP8で、230以降はP13で280㎞/hまで加速してください。

285㎞/hは1分で4750m進む。

285㎞/hでは30秒で2375m、1分で4750m進む。10秒で400m弱進むと覚えよう。

加速中に定速ポイントをクリアします。定速ポイント通過後はP10で速度を維持し、新倉敷を通過しましょう。

下に速度・距離・時間の関係を載せますので、参考にしてください。

表1.新倉敷定通に向けた速度・距離・残り時間の関係

1分前 50秒前 40秒前 30秒前 20秒前 10秒前
279km/h 4650m 3875m 3100m 2325m 1550m 775m
285km/h 4750m 3958m 3166m 2375m 1583m 792m
288km/h 4800m 4000m 3200m 2400m 1600m 800m

福山はダイヤに余裕がある。

残り600mで60㎞/h・残り1分だ。再加速もなく、いつも通りの停車操作をしよう。

福山にはダイヤに余裕があります。減速態勢に入っている最中で時間をつぶし調整しましょう。

残り600~700mで1分あれば、問題なく停車できます。この基準からずれているのであれば、速度を調節しましょう。

福山ではB標があるので、残り300mでB4で手動ブレーキを掛けてください。

100m地点で残り25秒であれば、後はやることは変わらない。

残り100mであと何秒あるか必ず確認しよう。

岡山でも説明しましたが、残り100m地点で残り25秒あれば、後はいつも通り70mからブレーキを開始して停車しましょう。

停車回数が多いので、停車操作はルーティン化できるようになるとベストです。

福山~広島

1.12:37:04P2に投入。マスコンレベルをP4までゆっくり引き上げ、70km/hまで加速し、加速後はP3,4で70㎞/hを維持する。
2.ATCが275になったら、P13290㎞/hまで加速。加速中に定通ポイント、定速ポイントをクリアし、新尾道も加速中に通過。
3.290km/hまで加速したら、P10で285㎞/h超の速度を維持。しばらくするとATC275へ現示が変わるので、減速する。
4.速度を調整し、定速ポイントをクリア。時間・距離・速度を確認しつつ三原を通過。
5.三原通過後も274~275㎞/hを維持。ATCが285になったらP13290㎞/hまで加速。
6.途中の定速ポイントは速度を合わせてクリア。クリア後もP13290㎞/hに加速。
7.290㎞/hになったらP9で速度を維持。その最中に東広島を通過。
8.ATCが275になったら自動ブレーキで275㎞/hに減速。次のATC230へは273㎞/hで突入し、減速中に定速ポイントをクリア。
9.東広島を0秒定通していれば、ATC230・170共にP0で惰性走行
10.ATC70で減速している最中に定通ポイントをクリア。
11.残り300mからB4を掛ける。ATCが30になるので、ブレーキ緩解時にATC確認
12.残り100mで25~30㎞/h・残り25秒の照査。
13.残り60~70mでブレーキ開始。停車。

発車後ATCが70⇒275になるまで70km/hを維持する。

定通P、新尾道をどちらも0秒定通するため、70㎞/hで速度が落ちないようにする。

福山は12:37:04P2に投入し、マスコンレベルをP4までゆっくり引き上げ、70km/hまで加速しましょう。加速したらP3,4で70㎞/hを維持してください。

当方の攻略では、通常発車後ATCの上限いっぱいまで加速したら惰性走行するようにしていますが、今回の福山発車後は70㎞/hで速度を維持します。

こうすることで、あとはATC275現示後にP13で加速するだけで、定通ポイント0秒定通、定速ポイントクリア、新尾道0秒定通できます。

新尾道を通過するまで、P13で加速を続けよう。

加速するだけで新尾道を0秒定通だ。次の三原、東広島は時間がないので、高い速度で通過しよう。

ATCが275になったらP13でフル加速しましょう。

新尾道通過まで操作が何もないので、ここですばやくトイレ休憩に行ってもいいかもしれません。終点できっちり締めるために緊張をほぐしておきましょう。

新尾道通過後もなおP13で290㎞/hまで加速します。

新尾道~東広島間は285km/h超で運転だ。

新尾道~三原間は時間に余裕がないので、285㎞/h以上で走ろう。

新尾道通過後は三原、東広島と時間に余裕のない区間が続きます。285~290㎞/hを維持しましょう。

三原通過前にATCが275に落ちるので、それに合わせて減速します。273~275㎞/hを維持し三原を通過、以後も速度を維持して、ATCが再び285になったらP13で290㎞/hまで加速しましょう。

途中の定速ポイントでのみ速度を合わせてクリアします。東広島通過後はダイヤに余裕があるので、285㎞/h以下で運転して問題ありません。

表1.三原、東広島定通に向けた速度・距離・残り時間の関係

1分前 50秒前 40秒前 30秒前 20秒前 10秒前
270km/h 4500m 3750m 3000m 2250m 1500m 750m
279km/h 4650m 3875m 3100m 2325m 1550m 775m
288km/h 4800m 4000m 3200m 2400m 1600m 800m

東広島~広島の定速ポイントはATCの減速中にクリアする。

500系の岡山停車時と同様、ATCの自動ブレーキ中に定速ポイントを通過する。

東広島~広島間の定速ポイントはATCの自動ブレーキの最中に通過します。

ATC275の段階であらかじめ一定の速度に合わせておきましょう。そこからATCによる自動ブレーキが始め減速中に定速ポイントをクリアします。

今回はATCが275のときにP8,9273㎞/hに合わせておいてください。

最後に速度を調整して定通ポイントをクリアだ。

最後の定通ポイントは速度調整による時間の調整が必要だ。最後の関門といえるだろう。

最後の定通ポイントは時間調整が必要なので、東広島の通過時刻で運転方法を決めましょう。

東広島を0秒定通した場合、東広島通過後P9で速度を維持、ATC275で273㎞/hに合わせ減速中に定速ポイントをクリア、ATC230・170では再加速せず惰性走行して時間をつぶせば、ATC70で減速中に定通ポイントをクリアできます。

残り300mでブレーキを開始、600mで100m照査して締めよう。

時間に余裕がなければ、再加速をして調整しよう。

いよいよ終点に近づいてきました。といっても他の駅とやることは変わりません。

残り600mで時間・距離・速度の照査、B標のある駅なので残り300mからB4で手動ブレーキ残り100mでは残り25秒・27㎞/hであることの確認です。

最後の駅ですが、いつも通りの停車操作できっちり締めましょう。

まとめ

乗務お疲れさまでした。

停車回数が多くかつダイヤが厳しい駅がいくつかありますが、逆に言えばそういうダイヤを経験することで、ブレーキ技術に磨きがかかるといえます。

このダイヤを完璧に運転できれば、時刻表にあるダイヤも難なくクリアできるのではないでしょうか。

ダイジェスト700系ひかりレールスターの攻略動画(youtube)

攻略記事リンク

ダイジェスト全一覧

ダイジェスト(電車でGO!山陽新幹線編)
電車でGO!山陽新幹線編「ダイジェスト」に収録されているダイヤの攻略記事のまとめです。

本作品に収録されているミッション全一覧

山陽新幹線
電車でGO!山陽新幹線編に関連する記事のまとめです。

電車でGO!全一覧

電車でGO!
こちらは電車でGO!に関連する記事のまとめです。

商品リンクはこちら!

PS2版

Amazon

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】電車でGO! 新幹線 山陽新幹線編 エターナルヒッツ
価格:16192円(税込、送料別) (2020/12/2時点)

楽天で購入

 

 

PC版

Amazon

楽天

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】本格的シリーズ 電車でGO! 新幹線 山陽新幹線編
価格:21746円(税込、送料別) (2020/12/2時点)

楽天で購入

 

 

公式攻略本

Amazon

コメント

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。