JR八高線・川越線・埼京線の2024年度夜間留置状況まとめ!

スポンサーリンク
JR東日本

JR八高線・JR川越線・JR埼京線・りんかい線の夜間留置まとめ!2024年6月時点のデータをまとめましたので、これを基に考察をしていきたいと思います!

夜間留置設定については間違っている可能性があるので、当方責任は負いかねます。間違いがある場合は是非コメントください!(なお±○本と記載があるのは運用予備分の夜間留置場所の推測です)

JR八高線は東京都の八王子駅から埼玉県の高麗川駅を経由して群馬県の倉賀野駅までを結ぶ路線です。八王子~高麗川間は直流電化されており、同区間を走行する電車は同じく直流電化している川越線に直通運転します。

高麗川より北側は全区間非電化となっており、気動車しか運行されません。非電化区間を走行する気動車は、全列車が倉賀野から高崎線に直通し、終点の高崎まで乗り入れます。

JR川越線は全線埼玉県にある路線で、大宮駅から川越駅を経由して高麗川駅まで至る路線です。さいたま市から西へ伸びていく路線で、途中の川越まではりんかい線や埼京線からの直通列車が運行されますが、川越駅からは短い4両が運行され、八高線の八王子駅まで直通します。

JR埼京線は大崎から渋谷・新宿・池袋・赤羽・武蔵浦和を経由して大宮駅まで至る運行系統上の名称です。走行する線区の正式名称は大崎~池袋間が山手線、池袋~赤羽間が赤羽線、赤羽~大宮間が東北本線となります。

東京都市圏北部からの通勤・通学路線・であり、渋谷・新宿・池袋という山手線三大副都心にダイレクトで行けることから非常に人気が高く、利用者が多い運行系統となっています。混雑率も非常に高いことで有名で、車両の15両化や複々線化を要望する声も多いです。

また開業時より大宮以北で川越線と相互直通運転しており、2002年からはりんかい線と、2019年からは品鶴線を介して相鉄線と相互直通運転を行っています。したがって埼京線は多くの路線と相互直通運転することで広大な運行区間を形成していると言えるでしょう。

最後にりんかい線大崎駅から新木場駅までを結ぶ路線です。新木場~東京テレポート間は元々京葉貨物線として建設されていたものを旅客線として開業したもので、その後既存貨物線から分岐して大崎駅まで新規建設したことでりんかい線が全通、同時に埼京線との相互直通運転を開始しました。

首都圏新都市鉄道というJRとは異なる会社で運営されており、運賃もJRとは別に必要になります。そのため、りんかい線を利用したかどうかを判別する目的と元々の設備の都合も含めて、りんかい線と京葉線は線路は繋がっているものの相互直通運転はしていません

京葉線の沿線自治体からは両線の相互直通運転を望んでいますが、りんかい線をJRの路線に移管するためには、りんかい線を運営している首都圏新都市鉄道の財政状況を改善する必要があり、それが実現しない限りは当面相互直通運転は実現できないといった状況です。

スポンサーリンク

前年の夜間留置状況

JR八高線・川越線・埼京線の2023年度夜間留置状況まとめ!
JR八高線・JR川越線・JR埼京線・りんかい線の夜間留置まとめ!2024年1月時点のデータをまとめましたので、これを基に考察をしていきたいと思います! 夜間留置設定については間違っている可能性があるので、当方責任は負いかねます。間違いがある...

ダイヤ改正プレスリリース

運行系統ごとの夜間留置状況

本記事では、川越車両センターに所属する列車と東京臨海高速鉄道が所有する列車について取り上げます。八高線の非電化区間については割愛します。

川越(2024年)りんかい線所属含む

川越E233系10両38本(36運用
南古谷18+2本、大宮(在来線)3本、板橋2本、池袋3本、新宿1本、大崎1本、東臨1本、新木場1本、かしわ台6本
ダイヤ改正前後で夜間留置場所に変化なし
川越209系4両5本・E231系4両6本(10運用
八王子3本、拝島2本、高麗川2本、南古谷3+1本
ダイヤ改正前後で夜間留置場所に変化なし
りんかい線70-000形10両8本(6運用
南降谷1本、東臨5+2本
ダイヤ改正前後で夜間留置場所に変化なし
相鉄12000系10両6本(4運用
相模大塚2本、かしわ台2+2本
2024年ダイヤ改正により、瀬谷1本かしわ台1本

川越の所感

2024年ダイヤ改正において、川越車両センター所属の列車の夜間留置は、りんかい線の車両も含めて変化は全くありませんでした。一応相鉄・JR直通線の方では若干ダイヤの変更があり、それによって相鉄12000系の夜間留置場所が変化した程度です。

埼京線は2022年度実績で混雑率149%を記録しました。これはJR東日本が管轄する路線の中では最も混雑率が高いです。

コロナ禍を脱した2023年度はもっと混雑がひどくなっているでしょう。順当に考えれば、JR東日本の路線の中で、埼京線は一番設備改良・輸送力増強が必要な路線と言って良いと思います。

現状では、埼京線向けの車両は38本・36運用・予備2本で増発の余地は全くありません。稼働数を上げるのであれば、他地区から転用させてくるしか手はないでしょう。

候補としては豊田E233系10両があるでしょうか。グリーン車組み込み改造をしていない1編成について、大方の予想では京葉線に転属するとの予想ですが、埼京線への転属も構造上可能であればアリだと思います。

とはいえ、川越所属のE233系を増やした所で、朝ラッシュピーク1時間の混雑が改善することはありません。追加した1編成はピーク前の早朝の輸送力増強に充てられるのが関の山でしょう。

根本的な解決としては、やはり前年度の夜間留置状況の記事でも書いた通り、グリーン車2両+普通車13両の15両編成に増強することだと思います。15両化すると湘南新宿ラインで逗子・久里浜・平塚・小田原へ直通出来る一方、りんかい線や相鉄線には直通出来なくなりますが。

りんかい線は、埼京線との相互直通運転を打ち切って京葉線と相互直通運転するのが良いでしょう。京葉線は15両化よりも複々線化の方が輸送改善策として適切でしょうからね。

相鉄線直通の方は今まで通り普通車10両の構成で、全列車新宿・池袋・大宮止まりで良いでしょう。車両の送り込みは川越からではなく、東大宮からが良いと思います。

ということで、埼京線を15両化する上で障害となるのはホームを15両分に伸ばすことが出来ない点だけだと思います。車庫容量については、そこまで大きな障害にはならないと思いますので、1日も早いホーム延伸が実現することを祈ります。

前年度の夜間留置状況の記事でも書いた大宮駅の改良案を下記に記しておきます。

スポンサーリンク

駅ごとの夜間留置状況

本記事ではJR八高線・JR川越線・JR埼京線・りんかい線の留置状況を記載します。

八高線・川越線・埼京線・りんかい線

八王子
川越209系4両・E231系4両3本
鎌倉E233系8両1本

八王子駅の夜間留置設定の変化
変化なし
側線:285m14両1本、305m15両1本、365m18両1本
横浜線引き上げ線:125m6両1本
八高線引き上げ線:85m4両1本、125m6両1本
駅名 番線 ホーム有効長
八王子 6番 8両
5番 8両
4番 12両
3番 12両
2番 12両
1番 4両
北八王子 2番 85m4両
1番 85m4両
小宮 2番 85m4両
1番 85m4両

拝島(合計留置両数:4両5本+6両4本+9両1本+10両6本=113両
川越209系4両・E231系4両2本
豊田E233系青4両1本
豊田E233系青6両2本
豊田E233系H4両2本
豊田E233系H6両2本
松本E353系S9両1本
豊田209系10両・E233系T10両6本

拝島駅の夜間留置設定の変化(合計:119両⇒113両
・川越209系4両・E231系4両:2本⇒2本
・豊田E233系青4両:1本⇒1本
・豊田E233系青6両:3本⇒2本
・豊田E233系H4両:2本⇒2本
・豊田E233系H6両:2本⇒2本
・松本E353系S9両:1本⇒1本
・豊田209系10両・E233系T10両:6本⇒6本
引き上げ線:165m8両1本
側線:265m13両1本、325m16両2本
車庫(留置線145両)
185m9両2本
245m12両5本
265m13両3本
285m14両2本
駅名 番線 ホーム有効長
拝島 1番 12両
2番 12両
3番 12両
4番 85m4両
5番 85m4両
6番 205m10両
7番 205m10両
東福生 1番 105m5両
2番 105m5両

箱根ヶ崎
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
箱根ヶ崎 2番 85m4両
1番 85m4両
金子 2番 85m4両
1番 85m4両

東飯能
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
東飯能 2番 105m5両
3番 105m5両

高麗川
ぐんまキハ110系1両2本
川越209系4両・E231系4両2本

高麗川駅の夜間留置設定の変化
変化なし
側線:85m4両1本、205m10両1本
駅名 番線 ホーム有効長
高麗川 1番 85m4両
2番 85m4両
3番 85m4両
武蔵高萩 2番 85m4両
1番 85m4両
笠幡 (番号無し) 85m4両
的場 2番 85m4両
1番 85m4両
西川越 (番号無し) 85m4両

川越
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
川越 3番 205m10両
4,5番 205m10両
6番 205m10両

南古谷(合計留置両数:4両4本+10両21本=226両
川越209系4両・E231系4両3+1本
川越E233系10両18+2本
りんかい線70-000形10両1本

南古谷駅の夜間留置設定の変化
変化なし
車庫(車庫収容力:10両31本+α、留置線311両+検査線40両+入替線20両+入出庫待機線44両)
105m5両1本
225m11両4本
245m12両2本
265m13両7本
285m14両1本
305m15両3本
325m16両1本
345m17両1本
365m18両2本
385m19両1本
検査線325m16両2本(建屋は205m10両分)
検査線365m18両1本(建屋は205m10両分)
入替線205m10両2本
転削線425m21両1本(転削出来るのは205m10両分)
入出庫待機線265m13両1本
入出庫待機線305m15両1本
入出庫待機線325m16両1本
駅名 番線 ホーム有効長
南古谷 3番 205m10両
2番 205m10両
1番 205m10両
指扇 2番 205m10両
1番 205m10両
西大宮 2番 205m10両
1番 205m10両
日進 2番 205m10両
1番 205m10両

大宮
さいたまE233系10両2本
川越E233系10両3本

大宮駅の夜間留置設定の変化(合計:40両⇒50両
・さいたまE233系10両:1本⇒2本
・川越E233系10両:3本⇒3本
東海道線下り側線:205m10両1本、245m12両1本、285m14両1本
東海道線下り中線:265m13両1本
東海道線上り中線:485m24両1本
東海道線東京方引き上げ線:305m15両2本
駅名 番線 ホーム有効長
大宮 1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
3番 305m15両
4番 305m15両
6番 325m16両
7番 325m16両
8番 305m15両
9番 305m15両
11番 305m15両
19番 10両
20番 10両
21番 10両
22番 10両
北与野 1番 205m10両
2番 205m10両
与野本町 1番 205m10両
2番 205m10両

南与野
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
南与野 1番 205m10両
2番 205m10両
中浦和 1番 205m10両
2番 205m10両

武蔵浦和
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
武蔵浦和 3番 205m10両
4番 205m10両
5番 205m10両
6番 205m10両
北戸田 1番 205m10両
2番 205m10両
戸田 1番 205m10両
2番 205m10両

戸田公園
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
戸田公園 1番 205m10両
2番 205m10両
浮間舟渡 1番 205m10両
2番 205m10両
北赤羽 1番 205m10両
2番 205m10両

赤羽
夜間留置設定なし

京浜東北線引き上げ線:225m11両1本
埼京線引き上げ線
:245m12両1本
駅名 番線 ホーム有効長
赤羽 1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
3番 305m15両
4番 305m15両
5番 305m15両
6番 305m15両
7番 10両
8番 10両
十条 1番 205m10両
2番 205m10両
板橋
川越E233系10両2本
板橋駅の夜間留置設定の変化
変化なし
引き上げ線:245m12両3本
駅名 番線 ホーム有効長
板橋 2番 205m10両
1番 205m10両

池袋(合計留置両数:6両5本+10両3本+11両10本=170両
川越E233系10両3本
東京E235系11両10本
鎌倉E259系Ne6両5本

池袋駅の夜間留置設定の変化(合計:176両⇒170両
川越E233系10両3本⇒3本
東京E235系11両10本⇒10本
鎌倉E259系Ne6両6本⇒5本
山手線赤羽方引き上げ線:305m15両2本
山手線新宿方引き上げ線:245m12両1本
埼京線引き上げ線:285m14両1本
車庫(車庫収容力:11両15本+α、留置線146両+検査線36両)
225m11両5本
245m12両5本
305m15両1本
325m16両1本
検査線245m12両3本(建屋は205m10両分)
駅名 番線 ホーム有効長
池袋 1番 205m10両
2番 305m15両
3番 305m15両
4番 205m10両
5番 225m11両
6番 11両(ホームドア4ドア11両分)
7番 11両(ホームドア4ドア11両分)
8番 225m11両

新宿
川越E233系10両1本
松本E353系9両1本
松本E353系3両1本

新宿駅の夜間留置設定の変化
変化なし
引き上げ線:285m14両1本
駅名 番線 ホーム有効長
新宿 1番 15両
2番 15両
3番 15両
4番 15両
5番 15両
6番 15両
7番 12両
8番 12両
9番 12両
10番 12両
11番 12両
12番 12両
13番 10両
14番 11両
15番 11両
16番 10両
渋谷 4番 15両
3番 15両
2番 11両
1番 11両
恵比寿 4番 15両
3番 15両
2番 11両(ホームドア4ドア11両分)
1番 11両(ホームドア4ドア11両分)

大崎
川越E233系10両1本
東京E235系11両28+12本
東京E655系1両

大崎駅の夜間留置設定の変化
川越E233系10両1本⇒1本
東京E235系11両29+11本⇒28+12本
E655系の1両は皇室・国賓向け特別車両。
山手線車庫地上部(車庫収容力:11両27本、留置線264両+入替線11両+検査線11両+入出庫待機線11両)
留置線11両24本
入替線11両1本
検査線11両1本
入出庫待機線225m11両1本
山手線車庫地下部
詳細不明(wikipediaによると留置線が22線あるとのこと)
その他車庫:125m6両1本、225m11両2本
駅名 番線 ホーム有効長
大崎 1番 11両(ホームドア4ドア11両分)
2番 11両
3番 11両(ホームドア4ドア11両分)
4番 11両
5番 305m15両
6番 305m15両
7番 305m15両
8番 305m15両
大井町(りんかい線) 2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
品川シーサイド 2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
天王洲アイル 2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
1番 10両(ホームドア4ドア10両分)

東京テレポート
夜間留置設定なし

駅名 番線 ホーム有効長
東京テレポート 2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
国際展示場 2番 10両(ホームドア4ドア10両分)
1番 10両(ホームドア4ドア10両分)
東雲 2番 205m10両
1番 205m10両

東臨(合計留置両数:10両8本=176両
川越E233系10両1本
りんかい線70-000形10両5+2本

車庫(車庫収容力:10両9本+α、留置線82両+検査線30両)
305m15両1本
445m22両2本
465m23両1本
検査線305m15両2本(建屋は265m13両分)
東臨の夜間留置設定の変化
変化なし

新木場
川越E233系10両1本

新木場駅の夜間留置設定の変化
変化なし
駅名 番線 ホーム有効長
新木場 京葉1番 205m10両
京葉2番 205m10両
りんかい1番 10両
りんかい2番 10両

所感

本系統は夜間留置場所に変化が無かったので、ほぼ全ての駅で駅ごとの夜間留置状況に変化はありません。埼京線が通るルートの中で、変化があったのはE259系6両の留置両数が減少した池袋と、山手線の稼働数が減少した大崎のみです。

本記事では書きませんが、鎌倉E259系6両は今回のダイヤ改正で夜間留置場所が大きく変わりました。しかし東大宮での夜間留置は発生せず、池袋に夜間留置を残したままということで、正直なぜ留置線の長さが短い池袋に夜間留置を残しておくのか個人的には理解しかねる所です。

個人的には以下の4点を理由に池袋の車庫を縮小・整理すべきだと思いますので、今後の展開に期待したい所です。

・車庫の留置線が15両分に満たない線が多い。留置線を伸ばしたくても困難。
・山手線の車両が入出庫する際に埼京線の営業線を跨がなくてはならない。
・仮に池袋の車庫を縮小しても、車両を他の車庫に移設する余裕はある。
・池袋は日本の国土の中でも一等地のため、再開発すれば新たな収益源になる。

まとめ

ということでJR八高線・JR川越線・JR埼京線・りんかい線の夜間留置状況でした。

埼京線内で行われている十条駅の高架化が待ち遠しいですね。ここが15両対応に出来ないせいで、他の駅のホーム延伸をしても意味がない状態ですから。

コメント

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。

当ブログを応援して下さる方は以下のバナーを1日1回クリックしていただけると嬉しいです。